NEWS ニュース

【北海道初】鈴木商会 IoT・AI活用のシステム開発会社「EZOTEC」設立

【北海道初】鈴木商会 IoT・AI活用のシステム開発会社「EZOTEC」設立
先端技術導入で業務の自動化・無人化。人手不足や技術継承の課題解消狙い
〜リサイクル業界や3K業務の課題解決に貢献したい! 今後システム販売も視野に〜

株式会社鈴木商会(本社:札幌市中央区/代表取締役社長 駒谷 僚 以下「鈴木商会」)は、システム開発会社「株式会社EZOTEC」(本社:札幌市中央区/代表取締役社長 後藤 宏行 以下「EZOTEC」)を2019年12月27日設立したことを発表いたします。
EZOTECは鈴木商会が100%出資する子会社です。

EZOTECは、これまで「3K」と言われていた業務を、AI・5Gを利用した高度なIoT・ロボット技術等最新のテクノロジーにより一新することを目指すシステム開発会社です。企業戦略としては大きく3フェーズに分けており、第1フェーズ:鈴木商会用の社内向けシステム開発・運用/第2フェーズ:システムの汎用化、パッケージ商品化へ向けた開発/第3フェーズ:他社向けパッケージ商品の販売と運用サポートの流れを現在予定しております。
北海道の資源リサイクル企業による「IoT・AIを基軸としたシステム開発会社」の新規設立は初めてです。

鈴木商会は、持続可能な開発目標(SDGs)において「2030年までにITやAIの活用などにより、資源利用効率の向上とクリーン技術及び安全・安心な環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善を進め、持続可能性を向上させる」ことを宣言しており、この取り組みの一環としてEZOTECの設立に至りました。

■EZOTEC 会社概要
設立:2019年12月27日
本社:札幌市中央区北4条西4丁目1番地 伊藤・加藤ビル6F
資本金:2000万円
社員数(スタッフ含む):5人
今後の検証事業例:
① ドローン活用:ドローンの活用により工程が複雑で作業負荷の大きい計測作業を軽減し、短時間の計測と在庫量の適正管理をおこない、作業の効率化を図る
② ロボット活用:現在手作業でおこなう各種資源の選別作業を無人化し、人手不足や危険リスク作業の軽減を狙う
③ AI・センサー技術活用:熟練技術を要し危険リスクを伴う重機の運転を、AI・センサー技術導入による自動運転によって実現し、作業の省力・平易化を目指す

■EZOTEC 代表取締役社長 後藤 宏行 コメント
「この度、北海道からEZOTECを設立することができ大変喜ばしく思います。弊社の開発技術である<EZOTECブランド>を鈴木商会はもとより、将来的には国内外の企業様に発信・提供する存在にまで成長させていく所存です。」

写真:(左から)鈴木商会 代表取締役社長 駒谷・EZOTEC 代表取締役社長 後藤

関係各社 会社リンク
EZOTEC https://www.ezotec.co.jp/
鈴木商会 http://www.suzuki-shokai.co.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社鈴木商会 管理本部 広報部 渡邉/安倍 TEL 011-280-1281